自分を知る

本当の「やりたいこと」は時間をかけて自分で見つけなければ本物ではない

投稿日:2018年11月5日 更新日:

 

こんにちは、ささぶねです。

 

 

昨日ですね、シノさんという方の「女性の自立のためのセミナー」に参加してきました。

そのセミナーに参加して感じたことをこのブログに書き留めておきたいと思います。

 

 

「ブログは1記事1テーマで書きなさい。

 何を一番伝えたいのかが分かりづらいと、読者さんが混乱しちゃうからね。」

 

と教えられているのですが、今回はその教えを守れる気配がありません。

 

書きたいことがいろいろありすぎて上手くまとまらない!!

 

セミナーがどんな内容だったのか?のくわしい説明は省略して

「私の所感だけ」を書き留めて置こうと思います。

公開手記としてアウトプットだけさせてください。

 

 

スポンサーリンク

「自分軸」で生きることが本当の意味での「自立」の基礎

 

「他人軸」とは自分以外の人の言動で決める、振り回されること。自分以外のものに責任転嫁をすること。

「自分軸」は自分が「やりたい」か「やりたくない」かで決めること。

 

このことを今回参加したセミナーで教わりました。

 

「自分軸」で生きずに「他人軸」で生きていると「自分の足で立って生きる」真の自立は絶対にできないのだそうです。

 

「自分の人生の責任者は自分である」ということを知識として知っているつもりでも

自分から出てくる考え方、感じ方、発言、行動は決してそうとはならず

ついつい「環境のせい、人のせい、何かのせい」にしてしまう・・・

 

「自分が○○できないのは才能がないからだ」というのも、自分で責任を取らずに「何かのせい」にするためのただの言いわけ。

 

(これ私よくやっちゃうな・・

 自分が無能だって突きつけられると傷つくから、「何かのせい」にして逃げたいんだよね・・・

「何かのせい」にすれば自分が傷つかなくて済むからね・・その場はね・・・)

 

言うのはカンタンだけど実際に行動として落とし込む

「自分軸」で生きるのを実際の行動として「体現する」ことがいかに大変なことか!

それくらい既に自分が「言いわけ名人」になってしまっているのを私は自分で気が付いていないよな~って思いました。

 

「他人軸」で生きて「自分軸」で生きないのは、結局、自分の人生を生きていないのと同じ

 

まずはセミナーで教えていただいた

自分の「やりたい」「やりたくない」という「自分の気持ち」を大切にすること

これを意識してやってみようと思います。

 

スポンサーリンク

「個の世界」を大切にして自分の立ち位置を明確にしていく

 

ささぶねは立派な社会不適合者なのですが(えっへん!)

それを自覚してしまったらあとは

「自分の庭を作って自分の城を築く」しか生きる方法はないんです。

 

私は・・

・自分が尊敬できる!と思える人じゃないと言うこと聞かない

・人を人として扱わないやつが大嫌い

 

(最近「LGBTは生産性がない」発言をした自民党議員・杉田水脈氏の発言が問題視され炎上したのが記憶に新しいですが、LGBTうんぬんの前にそもそも人のことを「生産性」で測ろうとするモノの見方が私は大嫌い。

 いつぞやの大蔵官僚・柳澤伯夫氏の「女性は産む機械」発言と根本的なモノの考え方が変わらないと思う。)

 

 

私が会社組織に属していて一番イヤだったことは

 

  • 会社で働いてお給料をもらうには、自分の気持ちを抑え込んでしまったり我慢をすることが当たり前になってしまったこと。同僚もそうなんだからきっとこれが当たり前なんだ・・と信じてしまうこと。

 

  • 使用者(社長・役員)側も「従業員が会社のために身を粉にして働くのが当たり前」と思っていて、従業員に対して「みんな!働いてくれてありがとう!」とは心から思っていないし、感謝の気持ちを言葉や行動でちゃんと示さないこと。

 

  • 社員たちも飲み会で「自分の夢・目標・やりたいこと」を語るよりも「上司や会社のマネジメントがいかにダメダメなのか」みたいな「会社や人に対する愚痴・悪口・ダメ出し大会」「これ誰得なの?」という時間になりがちなこと。

 

そして何よりも「怖いな~」と思ったのが

その会社の空気・社風・考え方に知らず知らずのうちに自分が染まっていくこと!

 

昔勤めていた会社の人と会ってお話すると「会社への不平不満の話」が必ず出てきます。

私もそこに勤めていた時に同期や仲良い先輩と一緒に同じことを同じように愚痴っていました。

そしてそのことを全く疑問に思ったりしなかったよなぁ・・・って思い出します。

でもねぇ・・雇われて働いている限り自分の力だけではどうにもならないことってやっぱりあって、そりゃどこかで自分の本心を吐き出さないと自分が潰れちゃうわな・・・っとも思います。

 

世の中にはもちろん人を大切にする素晴らしい会社も沢山あるんです。

自分が選んだ場所が、私の肌には合いませんでした。

 

人が作った組織に不平不満があるなら

①自分でその組織の上役になって組織を変えるか

②我慢をし続けるか

③外に出ていくか

の三択しか無くて・・・

 

私は自分が心から納得出来ないことがあると

社長に楯突いたり、噛み付いたりしてしまう狂犬なので

私は自分に合わない組織に勤めると組織の癌になるということが分かりました。

 

もう自分で「自分が安心して生きれる環境」を作るしか道はないんですよね。

狂犬は狂犬として生きれる場所をみずから作り上げないといけません。

 

スポンサーリンク

ものごとを成すには「努力」と「時間」が必要だ!

 

私はもう本当に(気持ちだけ)せっかちな性分で・・・

典型的な「熱しやすく冷めやすい」タイプ。

 

好奇心は旺盛で色々なものに興味を持ってやってみるけども、

「何かを完成させる、続ける、最後までやり遂げる」というのが大の苦手!!

 

ブログというメディアは「更新すること」を前提として作られた道具だから

「更新してなんぼ」です。

 

でもまぁ~ ブログ書けない、続かないで・・・四苦八苦してます。

 

「コンプレックスがあって文章を書くのが苦手」「継続が苦手」な私がブログを書くとか

 

 

え?なにこれ苦行?

なんで苦手なことやるの?

 

みたいに自分自身、ブログを書いていて疑問に思うことが多々あるのですが、

 

でも自分で「やる!」って決めたことだからやっぱりブログは続けたい。

私は自分が「自己表現すること」をやりたいし

誰もが自由に安心して「自己表現」する世界にしたい!

だからまずは自分からそれをやると決めました。

 

 

情報は検索すれば直ぐに手に入る時代。

 

私はどこか「インスタントな答え」ばかりを求めすぎてたかもしれないなって

昨日のセミナーに参加して思いました。

 

いますぐに

「お金が欲しい」とか

「やり方を知りたい」とか

「できるようになりたい」とか・・・

自分がすごく苦しかったり苦境に追い込まれている状況にいる時ほど、

目の前の「インスタントに手に入る答え」ばかりを求めてしまいます。

 

ですが昨日シノさんがおっしゃっていた

「他人から差し出された答えは本当の自分のミッションではない」

という言葉を聞いて、

 

「きっと誰かが答えを教えてくれるだろう」「誰かが答えを与えてくれるだろう」

そんな「甘い考え」が自分の中に存在していた

ということに気付かされ Σ(・o・;)ハッっとしました。

 

人から与えられるものってその人のものであって自分のものではないですよね。

人から与えられる答えって「その人の答え」であって「自分の答え」ではないですよね。

 

「人から与えられた答え」をインスタントに得たところで、

自分が心の底から納得しないこという事を誰よりも自分が分かっているよね?って。

 

人から与えられることはあくまでも「ヒント」であって

それを参考にしたり、受け取って自分自身が感じたものを大切にしながら

自分で答えを見つけないとそれは本物ではない。

 

自分の内側から湧き出したものでないとそれは本物とは言えないんですよね。

 

「自分の中にある答え」を自分で探し続ける努力をしなければ

「本当の自分の人生のミッション」

「本当の自分のやりたいこと」はぜったいに見つからない。

 

もし今それが見えていないのであれば

いろいろやってみて、チャレンジしてたくさん失敗していく中で

「もしかしてこれかな?」って自分で体感して確認しながら発見していく。

 

そしてそれには「時間、努力、根気」が必要だってことを

あらためて勉強する機会になりました。

 

 

私は早く結果を得ようと焦りすぎていたのだ!!!!!

 

 

「急いては事を仕損じる」
何事も焦ってやると失敗しがちだから、急ぐときほど落ち着いて行動せよ

 

ささぶねに「肝に銘じてもらいたいことわざ」です。

 

スポンサーリンク

自分で成果だと気づけていないこともあるんだ!

 

セミナー主催者のシノさんにはじめてお会いしたのは約一年半前のことでした。

 

一年半前にもシノさんはブログについてのセミナーを開催されていらして

それに私も参加させていただいたのですが

「その時の参加者さんの中でブログを続けているのは私だけ」だと昨日お伺いして、もうめちゃくちゃビックリしました。

 

ほんとに牛歩の歩みで、しかも運営してるんだかしていないんだか分からない時期もあるこのへなちょこブログですが

ものごとを続けることが超苦手な私でも「継続できた」ことがあったんだな・・と、ちょっとだけ自分の成長を感じることができました。

 

こういうことは自分ではなかなか気づくことがムズカシイので「続けていたこと」を褒めて頂けるのは嬉しかったです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

自分の気持ち「やりたい」「やりたくない」を大切にしながら

自分の手に入れたいものや大事なものほど

じっくり時間をかけて作り上げていく、見つけていくんだ!という覚悟

これが何よりも必要なんだということが分かりました。

 

 

今日は盛大にとっちらかってしまったけど

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

 

今回はこれにて!

 

 

ささぶねでした!

 

 

【自分用のメモ】 

ささぶねよ、毎日唱えなさい そして賢くなりなさい

変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを
識別する知恵を与えたまえ。

ラインホールド・ニーバー

 

 

スポンサーリンク

-自分を知る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文章を書くのが苦手になった理由・・でも苦手を克服したい!

  こんにちは、ささぶねです!   ここは私の個人ブログなので、個人的なことを書きたいと思います。   今回は私が「文章を書くのが苦手になった理由」について! &nbsp …

子供が苦手な女性ってやっぱりダメかな?接し方が分からない原因と心理とは

こんにちは、ささぶねです。   突然ですが、あなたは子供は可愛いと思いますか? 子供は好きですか?   私の中で、何となく認めちゃいけないなぁ・・ダメだな・・・。 と思っていたこと …

携帯電話はとても便利だけどもやっぱり嫌い!好きになれない私の理由

  こんにちは、ささぶねです!     携帯電話やスマホはめちゃくちゃ便利ですよね!   今やひとり一台はスマホかガラケーを誰もが持っている時代です。 &nbs …

「セクシャリティーのあり方の違い」を人の命を軽んずる理由にしてはいけない

  こんにちは、ささぶねです。     すごく、すごく悲しいニュースを目にしてしまいました。     自身がゲイであることを両親にカミングアウトした1 …

やっぱり「愛」と「好き嫌い」は別なんだなぁって思った話

  こんにちは、ささぶねです。       私は昔、インドのヒンズー教の聖者のひとりにお会いしたことがありました。       そ …

記事を検索

管理人 ささぶね

こんにちは、ささぶねです!

都内在住のアラサーです。
アダルトチルドレン(AC)
おそらくバイセクシャル。

最近、私の性自認(ジェンダーアイデンティティー)はXジェンダー(FtX)かもしれないと認識しました。

このブログは
「人生は好きなことを楽しむための遊び場!自分の人生を愛するために生きよう!!」

をテーマに、私が過去に経験したことで、
「これは良かった!これはオススメ!」
というものをご紹介したいと思います。

ささぶねの詳しいプロフィールはこちら

人気記事一覧

月別アーカイブ記事

カテゴリー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
いつも応援ありがとうございます!