本当の自分で生きる

やっぱり「愛」と「好き嫌い」は別なんだなぁって思った話

投稿日:2018年10月29日 更新日:

 

こんにちは、ささぶねです。

 

 

 

私は昔、インドのヒンズー教の聖者のひとりにお会いしたことがありました。

 

 

 

その方のお話でとても印象的だったのが

 

 

「どんな人でも愛することはできるけれど、好き嫌いはある。」

 

 

とおっしゃっていたこと。

 

 

 

どんなに修行を積んだ聖者でも

 

 

好き嫌い、それ自体が無くなることはないんだと分かったことがとても衝撃的でした。

 

 

聖者と言えどもやはり人間なんだなぁ・・・と、ちょっとホッとしたのを覚えています。

 

 

 

そして「愛」と「好き嫌い」はやっぱり別なんだなぁと思いました。

 

 

 

いまだに「愛」とは何かをうまく言い表すことはできませんが・・・

 

 

 

 

生き物はみな、もとを正せば光の存在ですが

 

 

肉体を持ってこの物質界に現れると闇の資質も抱えて生きることになります。

 

 

 

「人間」という容れ物に入っていると制限や不足を経験せざるを得ないので

 

 

本来は持ち得なかったはずの「恐れ」を抱えて生きることを余儀なくされます。

 

 

 

この「恐れ」が色んな悪さをしでかして、人生に様々なトラブルを引き起こすのですが・・・

 

 

 

内在する闇の資質を持ちながらも自分自身の光の資質をこの物質世界でどのように発揮していくか?ということが

 

 

この地球体験ゲームの参加者の課題の一つであると、私は認識しています。

 

 

 

インドのヒンズー教の聖者ですら「好き嫌い」があるという「人間の機能」から完全には脱却することが出来ないのだから

 

 

精神修養や霊的修行を積んでいない、ただの人である私はそこから脱却するのは尚更に難しいことですね・・・

 

 

 

私は聖人君子を目指さずに、世俗にまみれて頑張る。

 

 

 

なので自分の「好き嫌い」は大事にして生きていきたいと思います。

 

 

 

今回はこれにて!

 

 

ささぶねでした!

 

 

ささぶねの詳しいプロフィールはこちら!⇒ プロフィールを見る

 

 

 

スポンサーリンク

-本当の自分で生きる

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人を非難したり自分の正義を振りかざすのは簡単なこと。それは誰でも出来ること。

  こんにちは、ささぶねです。   今回のテーマは「人を非難したり自分の正義を振りかざすのは簡単なこと」というお話です。     目次1 誰でも加害者になりうる …

「親からの愛情が足りない子は大人と遊びたがる」という説は本当なの?

  こんにちは、ささぶねです。   今回は「親からの愛情が足りない子は大人と遊びたがる説」についてのお話です。   目次1 「大人にばかり興味が向くこと」の理由を言い当て …

生きていないのと同じ

  こんにちは、ささぶねです。   今日からこのブログは私のTwitter、つぶやきブログです。   もはや日記ですらありません。   ただのつぶやき、○○の落 …

人見知りって治らないのかな?って悩んでたけど、本当の理由がわかった!

  こんにちは、ささぶねです!   今日のつぶやき。   人見知りをする理由について、気付いたこと。   私が人見知りをするのはどうしてだろうか?とずっと疑問で …

いいときも、わるいときも、人生を楽しんでいたい。フィギュアスケート選手 井上怜奈さんの言葉

  こんにちは、ささぶねです。   今回は、元フィギュアスケート選手の井上怜奈さんの言葉をご紹介したいと思います。   目次1 天才スケート少女として活躍した井上怜奈さん …

記事検索

管理人 ささぶねのプロフィール

 

こんにちは、ささぶねです!

都内在住のアラフォー、両性類です。

最近、私の性自認はXジェンダー
(FtXの中性)かもしれないと認識しました。

このブログは
「人生は好きなことを楽しむための遊び場!
 自分の人生を愛するために生きよう!!」

をテーマに、私が経験したことや
人生を楽しく生きるためのヒント、
「これは良かった!これはオススメ!」
というものをご紹介したいと思います。

ささぶねの詳しいプロフィールはこちら

人気記事一覧

月別アーカイブ記事

記事カテゴリー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
いつも応援ありがとうございます!