日常

口癖って・・なんか、ちょっと・・その人の思いがにじみ出るなぁって思った話

投稿日:2018年10月24日 更新日:

 

こんにちは、ささぶねです!

 

 

今回は「口癖ってその人の思いがにじみ出るなぁって思った話」です。

 

 

スポンサーリンク

「自分の口癖」ってふだん意識していますか?

 

あなたは「自分の口癖」って何かありますか?

 

私の口癖は

 

「えーっと・・・」

「そのー・・・・」

「なんか・・・」

 

ですね。

本当によく言っています。

 

自分が気づいていないだけで、他にもまだまだ沢山あると思います。

 

そう・・口癖って、なかなか自分では意識がいかないし気が付かないですよね。

 

スポンサーリンク

「とりあえず否定」が口癖の上司

 

私が勤めていた会社の上司で、こんな口癖をお持ちの方がいました。

 

 

それは「違う!」という口癖。

 

 

どのようにこの口癖が出てくるのかと言うと、例えば、上司から何か仕事の指示を受ける場面でのこと。

 

上司から指示を受けて、私が「〇〇を△△にするということですね?」と上司に確認したとします。

 

するとまず一言目に「違う!」という言葉が付いて返ってくることが多かったんですよ。

 

私がこの上司の部下になってから間もない頃は

(あれー・・・私の理解が間違ってたかぁ・・・)

と思うことがあったのですが、観察しているうちにだんだん分かってきました。

 

その上司は誰に対してもどんな話題でも、

どんな個人の感想や意見に対しても、

まずはじめに「違う!」といって言葉を返したり、人の話をさえぎったりしていることが多いということを・・・

 

あぁ・・!!

「違う!」って、この上司の「口癖」だったのか!

 

これは「私の話を聞いて!」というシグナルだったんだ!!

 

スポンサーリンク

ハナから否定をされると凹むし自分の意見を言えなくなるよね

 

「人の意見や感想を頭から否定するって、すっごく違和感あるなぁ・・・」と最初の頃は感じていたんですよ。

 

アクティブリスニング(=傾聴の技術)の真逆を行っているというか・・・

 

 

自分の意見を話した時に、相手が返してくれる言葉というのは

「私はあなたの話をこのように理解しています。」

という大事なフィードバックだと私は思うのです。

 

 

・話し手の意図を聞き手がどこまで理解しているか?

・どのように解釈しているか?

そんな情報を相手が返してくれる言葉によって測り知ることができます。

 

 

私が聞き手のときは「オウム返し」もしますが、

「パラフレーズ(=言葉の置き換え)」もよく使います。

自分の言葉に置き換えるといちど自分の思考を通すことになるので、相手の放った言葉を右から左に受け流すことが少なくなり、より理解が深まると言われているからです。

 

Aさんが放った言葉を、Bさんが100%そのまま何も変えずに受け取ることはありません。

逆もまたしかりです。

 

でもそれが普通のコミュニケーションです。

自分の言葉が相手に100%そのまま伝わらないって、いたって普通のことです。

誰しもが己の価値観や解釈のフィルターを通してモノを聞いたり話したりするからです。

 

だから聞き手が返してくれた言葉が「思ってたんと違う・・・」ってなるのは普通のことです。それは当然の現象です。

 

スポンサーリンク

上司の「口癖」は切実な「思いや望み」が具現化したもの

 

人間は誰もが「自分は正しい」「自分の存在は重要だ」という決して逃れることが出来ない強い思いを持っています。

 

生きている人間はすべからく全員が、です。

 

そう、いまこの文章を読んでくださっているあなたも例外ではありません。

 

当然、私もです!そうでないと生きることが出来ないし、このブログも書けません。

 

 

上司の「違う!」という口癖・・・・

 

それは

「私の意見が正しいの!」

「私の意見が重要なの!」

「私の話をちゃんと聞いてよ!」

という心の叫びが、この口癖というかたちになって現れているのかなぁ・・・

そんなことを会話を聞きながらずっと感じていました。

 

私もこの想いは持っています!

だから上司の「違う!」という言葉に反応して、この言葉の根底にあるものを見ようとしてしまったんだと思います。

自分自身の中に全く存在しないものを、人の中に見つけることは出来ないからです。

 

上司にとって

もはや自分でも気が付かない「口癖」になってしまうほどの・・・

それだけ悲痛な想いなのかもしれないな・・・

 

そう思わずにはいられない「口癖」のお話でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「違う!」は上司の「接頭語」

 

 

 

ちなみに・・・

 

スポーツ選手のインタビューでは、ほとんどの選手が

インタビュアーや記者からの質問に対してまず一言めに

 

「・・・そうですね!」

 

と言います!

それから質問に答えるんですよ。

 

これは「・・・そうですね!」と言葉を放つあいだに自分の意見をまとめるための、時間稼ぎの技術だとも言われています。

 

もしTVなどでスポーツ選手のインタビューの場面を観る機会があったら、ぜひその一言めに注目してみてください。

 

かなり高確率でみなさん一様に「・・・そうですね!」って一言めに言いますので!!

 

 

スポーツ選手のインタビューでの「そうですね!」回答率は異常な高さです。

 

 

まじで。

 

 

今回はこれにて!

 

 

ささぶねでした!

 

 

スポンサーリンク

-日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログの休憩宣言します!少しブレイクタイムだよ・・果たして継続できるのか?

こんにちは、ささぶねです。     今日は、クタクタなのでもう寝ようと思います。     ブログはちょっと休憩です!     明日はもうちょ …

貯まったカードのポイントは失効する前にちゃんと使い切ろうと思った話

  こんにちは、ささぶねです。       日本に暮らしていると     もう、ありとあらゆるお店で「ポイントカード」を渡されますよね。 & …

万年筆のお手入れの方法!インクが出ない時はペン先を洗ってみよう!

こんにちは、ささぶねです。   私はペリカンの「ペリカーノJr」というインクカートリッジ式の万年筆をたまに使っているんです。 これがですね、キッズ用の万年筆なんですが、結構かわいいやつなんで …

【ぼやき】店員さんに雑な口の聞き方をされたので仕返しをしたい

こんにちは、ささぶねです!     今回はですね、ただのささぶねのぼやきというか愚痴なので・・・     この記事は読まないでいただいて大丈夫です! &nbsp …

獅子舞が頭を噛むのはどういう意味?祭ばやしの笛の音に誘われ神社へ行ってみたよ

  こんにちは、ささぶねです。   今日は祭ばやしの笛と太鼓の音が聞こえてきたので、居てもたっても居られず、近くの神社へふらっと足を運んでみました。   向かった先の神社 …

記事を検索

管理人 ささぶね

こんにちは、ささぶねです!

都内在住のアラサーです。
アダルトチルドレン(AC)
おそらくバイセクシャル。

最近、私の性自認(ジェンダーアイデンティティー)はXジェンダー(FtX)かもしれないと認識しました。

このブログは
「人生は好きなことを楽しむための遊び場!自分の人生を愛するために生きよう!!」

をテーマに、私が過去に経験したことで、
「これは良かった!これはオススメ!」
というものをご紹介したいと思います。

ささぶねの詳しいプロフィールはこちら

人気記事一覧

月別アーカイブ記事

カテゴリー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
いつも応援ありがとうございます!