自分を知る

過去の自分の好きなものを振り返ってみる(保育園時代 2)

投稿日:2017年4月3日 更新日:

こんにちは、ささぶねです。

 

 

 

気が付けばもう4月!

 

 

 

外はずいぶんと暖かくなりましたね~。

 

 

 

夜になるとまだ寒い日もありますが、、。

 

 

 

 

私は東京都に住んでいるのですが、ちらほらと桜が咲き始めてきました。

 

 

 

 

あなたが住んでいる場所は、桜は咲いていますか?

 

 

 

 

今日は保育園時代に好きだったこと、ハマっていたものの続きを書いてみたいと思います。

 

 

 

ハマっていたもの、ひとつめは折り紙!

 

 

 

まず、折り紙って色んな色があって良いですよね。

 

 

 

保育園時代の当時は、薄いむらさき色と、ゴールドとシルバーが好きでした。

 

 

 

ゴールドとシルバーの折り紙は素材からして他のものと違う!

 

 

 

なんか特別な感じがして好きでしたね~。

 

 

 

むらさき色はなぜ好きなのかは分からないですが、

 

 

 

 

藤色の優しい雰囲気が好きでした。

 

 

 

 

それから、成長するにつれ、

 

 

 

鶴やカラス、手裏剣、兜、紙風船などの折り方を覚えていったのですが

 

 

 

当時、手裏剣の折り方がどうしても分からなくて

 

 

 

保育園の先生に相談して、

 

 

 

その先生も折り方が分からなくて

 

 

 

数日経ってから、完成品の手裏剣を分解して作り方が分かったと

 

 

 

先生が折り方を教えてくれたのが、嬉しかったですね。

 

 

 

ああ、先生、約束を守ってくれてたんだなぁと。

 

 

 

それから、その先生に教わったやり方で

 

 

 

手裏剣を自分で折れるようになったのですが

 

 

 

今でも、私、折り紙で手裏剣を折れますよ~。

 

 

 

小さい頃に、どうしても折れるようになりたい!と

 

 

 

試行錯誤して、頑張ったものって

 

 

 

案外、大人になっても忘れないものなんだなぁと

 

 

 

思いますね。

 

 

 

最近じゃ、昨日の夕飯を何食べたかも覚えていないのに笑

 

 

 

 

-自分を知る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ブログを続けてみて気付いた5つの事!毎日更新も大事だけれども?

こんにちは、ささぶねです。   今回は私はブログを書いてみて気が付いた事について書きますね。 放置していたブログで、今やっと30記事を書くことができた私の、正直な感想です。   目 …

no image

機能不全家族に育ったアダルトチルドレンの5つの役割、楽に生きるためのヒント!

こんにちは、ささぶねです。   前回は「機能不全家族に育ったアダルトチルドレンの5つの役割チェックリスト」をご紹介しました。前回の記事はこちらから。 アダルトチルドレンの5つの役割のチェック …

no image

機能不全家族に育ったアダルトチルドレンの5つの役割チェックリスト!

こんにちは、ささぶねです。   前回は「機能不全家族に育ったアダルトチルドレンの5つの役割」についてご紹介しました。前回の記事はこちらから。 人間は誰しもその成長過程において、自分の気持を押 …

no image

過去の自分の好きなものを振り返ってみる(自己分析宣言)

こんにちは!ささぶねです。     昨日は私が「自分が好きなことが分からない」ということをお話ししましたが、     いま現在の私が「私はこれが大好き!」とハッ …

no image

私がブログを書く5つの理由!文章ってその人の性格や想いが伝わりますよね

こんにちは、ささぶねです!   今回は、私がブログを書く理由について、改めて考えてみました。   目次1 自分の好きなこと・興味があることを発見するため2 思考を整理し自分の考えを …

記事を検索

管理人 ささぶね

こんにちは、ささぶねです!
都内在住のアラサー(30代前半)です。
アダルトチルドレン(AC)
おそらくバイセクシャル。

このブログは
「人生は好きなことを楽しむための遊び場!自分の人生を愛するために生きよう!!」
をテーマに、私が過去に経験したことで、
「これは良かった!これはオススメ!」
というものをご紹介したいと思います。

私の詳しいプロフィールはこちら

月別アーカイブ記事

カテゴリー

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ